野茂選手、タンパベイへ

今まで在籍したことの無い球団と交渉中とのことでしたが、タンパベイとマイナー契約したみたいですね。
一時期、低迷していたときに、Brewersで復活したように、また復調して、三度目のDodgersへの復帰を楽しみにしようかなと。年齢的にむずかしいかな?

さて、私の場合、こちらに来てから、英語の勉強もかねて?よくDVDをお休みの夜なんか見てるんだけど、だいたいスポーツものの映画が多いのですね。なんたってわかりやすいし、すぐ感動できるし。

その中で、野球の映画といえば、ご存知、"メジャーリーグ"、"Field of Dreams", "Eight Men Out"、そして、ケビンコスナーとティムロビンスが出てる"Bull Darham"(邦題はたしか、"さよならゲーム")、それに私のお気に入りの"The Rookie"(邦題は、"オールドルーキー"っていうの、今、初めて知った。)があるのですが、後者の二つは、タンパベイと、今ではそのタンパベイのマイナーであるDarham Bullsが舞台なのですね。野茂さんも、あんなあまりカッコよろしくない!ユニフォームを着て、これから、映画の主人公のように、ドラマティックに活躍してもらいものです。
まあ、タンパベイだったら、エースになれると思います。c0024338_16394066.jpg

ところで、これらは全部面白い映画なので、是非チェックしてみてください。その中でも、Rookieは一押しです。単純な話なのだけど、感動できるでしょう。

あと、Gagneの登場時のG 'N RのWelcome to The JungleがDodgerスタジアムで鳴り響くとき、"メジャーリーグ"での、クライマックスでのチャーリーシーンの登場シーンをいつも思い出してしまう。両方とも、いつ見ても鳥肌が出るくらい興奮します。
野球ファンで、もしも万が一、両方ともまだ体験したことの無い人、是非、味わって見てください。DODGERスタジアムかDVDかっていうともちろん、"メジャーリーグ"のDVDの方が手軽だけど。
[PR]
by kozzene | 2005-01-28 16:44 | Dodgers
<< 中村紀洋 Dodgersが独占交渉権 Gagne, Penny, I... >>